【古代】特別展開催で話題の「三国志」、物語の持つ魅力とは “邪馬台国”や“卑弥呼”との関係は?




1 :樽悶 ★:2019/07/16(火) 22:46:49.92 ID:lelxfZaC9.net
東京国立博物館(上野)で開催中の特別展「三国志」(新華社/アフロ)

 2〜3世紀、中国大陸で漢帝国の滅亡後に魏・呉・蜀が並び立った「三国時代」。その時代を描いた『三国志』といえば、日本でも小説や漫画、ゲームの題材として人気を博している。現在、東京・上野の国立博物館では、曹操の墓からの出土品など近年になって新たに発見された三国時代の考古史料を集めた特別展が開催中だ。歴史作家の島崎晋氏が、「三国志」と日本の深いつながりを解説する。

 * * *

 今年は日中文化交流協定締結から40周年ということで様々な記念行事が予定されているが、そのなかでも最も力の入れられているイベントのひとつが、上野にある東京国立博物館の平成館で開催中の特別展「三国志」である。

 実は三国志には4世紀初頭に陳寿という人によって著わされた歴史書の『三国志』と、14世紀後半に羅貫中によって著わされた小説の『三国志演義』の二つがある。特に後者はおそらく日本で最も多くの読者を獲得している海外文学の一つであろう。

 江戸時代末期には葛飾北斎の門下生・葛飾戴斗が作画を担当した『絵本通俗三國志』が大人気を博し、昭和には吉川英治や柴田錬三郎、陳舜臣といった日本を代表する有名作家がそれぞれ三国志を題材にした長編を著わしている。平成以降はゲームや漫画から三国志にのめり込む人も増え、およそ10年周期で大きなブームが繰り返されるようになった。

 三国志の魅力は、個性豊かな登場人物がそれぞれの理想や目的のために知恵と力の限りを尽くして繰り広げる人間模様にある。単なる群雄割拠でも二雄対決でもなく、群雄割拠が三大勢力にまで淘汰され、一強対二弱で均衡を保つ微妙な関係が他の動乱期と一線を画し、興趣を増す要素となっている。

 日本史との関係でいえば、歴史書の『三国志』は日本について言及した最古の文献史料でもある。『三国志』は「魏書」「呉署」「蜀書」の三部からなるが、その「魏書」の中の「東夷伝」の中に倭国、すなわち日本について触れた部分があるのだ。俗に「魏志倭人伝」と呼ばれ、日本の歴史書には登場しない邪馬台国と卑弥呼の名が初めて登場するのもその部分である。

 卑弥呼が魏の都に最初の使節を送り出したのは238年のことで、魏からも答礼の使節が倭国を訪れていることから、「魏志倭人伝」の記述はその使節の報告書をもとに記されたと考えてよい。

 だが、そこに問題がないわけではない。双方の言語を操る通訳がいたとは思えず、日本側がいまだ無文字社会であれば筆談もできない。いったいどうやって意思の疎通や細かなやりとり、情報の収集が行なわれたのかが謎のままなのである。

 一つ考えられるのは中国語と朝鮮語の両方を操れる者、および朝鮮語と日本語の両方を操れる者が同行。二重通訳によりコミュニケーションが図られた可能性である。これであれば倭国に関して詳しく記されているのも納得がいく。

 今回の三国志展では卑弥呼と同時代の文物が数多く展示されるので、『三国志演義』のストーリーやひいきの登場人物に熱を上げるもよし、三国志の動乱に遠く日本も関わっていたことに思いを馳せるのもまた一興であろう。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『春秋戦国の英傑たち』(双葉社)、『眠れなくなるほど面白い 図解 孫子の兵法』(日本文芸社)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など多数。

7/13(土) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190713-00000003-pseven-life

2 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:48:02.59 ID:+OdRNDKj0

東亜でやれよ

3 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:48:11.94 ID:nLuYK9jb0

>いったいどうやって意思の疎通や細かなやりとり、情報の収集が行なわれたのかが謎のまま

倭人伝に「伊都国には中国人が住んでる」と書いてる

4 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:48:12.21 ID:wCyd8C5q0

しっとりツヤツヤのあれね

5 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:48:40.27 ID:8KHeD2kT0

曹操が一番好き

6 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:50:38.07 ID:huOQNgra0

関東三國志

7 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:53:13.67 ID:7d2MfjTc0

吉川英治  小説

横山光輝  漫画

コーエー   ゲーム

8 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:53:51.49 ID:bPHgZ1rB0

祖国の血が騒ぐニダ

9 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:55:14.23 ID:eBaCDbjK0

そんなもん倭人をひとり中国に居住させて言語を習得させればいいだろ

10 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:55:31.62 ID:8dA0T7xU0

>>1
Three Kingdomsは旨いおっさん俳優ばっかでおすすめ

11 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:55:42.62 ID:14q3U/CY0

また九州説がクソレス連投するのが明らか

12 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:57:22.88 ID:F1flkS3R0

邪馬台国と縁があったのは司馬懿

13 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:57:30.67 ID:EDW2HynY0

また奈良説と九州説の罵り合いが始まるのか

14 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:57:36.79 ID:FSz5XNtc0

川本喜八郎の人形展が最高に良かった。
30年前だけど。

19 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:01:47.29 ID:mOwbVKrv0

>>7
吉川のせいで
日本の三國志受容は
演義以上に儒教道徳の価値観のバイアスに毒されてしまった

16 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:58:49.01 ID:cnB9mHHO0

>>7

17 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:00:16.43 ID:jfOJZ3ZR0

>>7
人形劇 が抜けとるぞ

18 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:01:07.38 ID:DUdgEh+p0

>>14
紳々、竜々の人形もあった?

15 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 22:58:07.01 ID:jfOJZ3ZR0

>“卑弥呼”との関係は?

俺の知ってる三国志だと卑弥呼はふんどし姿のオカマのおっさん

20 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:02:31.00 ID:OvWwZN8P0

>>14
30年なんてつい昨日のことだよ。

21 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:02:38.42 ID:/aoed+8+0

>>1
シナの「歴史捏造や歪曲」って、三国志にもあるのでは?
そもそも三国志自体が「捏造」の可能性あるのかな?

22 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:02:44.90 ID:IYtxefKG0

なんでいきなり朝鮮出てきた?
史書にそう乗ってるの?

23 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:03:05.73 ID:w4qz3qR50

>日本側がいまだ無文字社会であれば筆談もできない

無文字社会ではなかっただけだろう。

24 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:03:50.95 ID:8CzmofMM0

物を指差して発音したり身体言語で意外と通じるもんだよ
特に男と女はセクロスすれば一発

25 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:04:58.12 ID:lopOWGqp0

>>19
そこで飄々と出てきたのが蒼天航路だよな
蒼天航路は正に傑作だった

26 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:05:34.81 ID:02P0XKef0

卑弥呼の1回目の朝貢のタイミングが絶妙だったよな
皇帝曹叡が死んで曹芳が跡を継ぐことが決まってて
後見人も曹爽、司馬懿に決まって翌月or翌々月即位という段階で
卑弥呼の使者難升米、牛利が洛陽にきた

次期皇帝や後見人に箔をつけた難升米が
大いに歓迎されたと思われるのが魏志倭人伝の記述にある

>今、絳地交龍錦五匹、絳地?粟?十張、?絳五十匹、
>紺青五十匹を以って、汝の献ずる所の貢の直に答う。
>又、特に汝に紺地句文錦三匹、白絹五十匹、金八兩、
>五尺刀二口、銅鏡百枚、真珠鉛丹各五十斤を賜い、
>皆、装封して難升米、牛利に付す。

読んだとおりだが
通常の朝貢の返礼品にくわえて特別に鏡や絹をもらってる
これらを倭国に持ち帰ったことで卑弥呼は更なる権威を得て
大和政権の基盤が出来たと考えてるんだけど説明は長いから省略

27 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:05:45.26 ID:hAGQ/Zek0

吉川は面白さ最優先で考証無視だから注意せんといかん
宮本武蔵なんか特にひどく当時渡しの川に橋があったり完成していない天守閣が出てきたり

28 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:06:45.64 ID:zxTXPGLP0

さいきん硯らしき遺物も出土したんだよな。
海上交易は船も数カ月のあいだ停泊するし、買付けと販売に駐在員を置くもので
必然的に2言語話者が生まれる。船便を伝って意外な遠方の者もやってくる。
そうとうな数の漢人がいて先進性を肌に感じてないと、わざわざ遣使や借威という発想にならんだろ。

29 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:07:29.14 ID:mPWB1XVN0

卑弥呼が魏の都に最初の使節を送り出したのは238年

朝鮮半島はどんな感じだったの

30 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:07:39.78 ID:lopOWGqp0

>>7
蒼天航路 曹操大強化

も追加でw

31 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:07:41.53 ID:8p0DGtjV0

シンシンとロンロンもう知ってる人いないだろうな

32 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:07:45.73 ID:6UjZM95T0

3世紀の話で、無造作に「朝鮮語」「中国語」としていいのか。誤解の種になりそう。
蜀、魏、呉もいまの括りでは中国だが、当時は筆談ならともかく相互に自由な会話が
成り立ったはずはないが。
倭と魏の間も多重通訳ぐらいにしておいた方がいいだろう。必要があれば厭わないと
思うが。

33 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:08:03.21 ID:lopOWGqp0

>>27
蒼天航路はどうかな?

35 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:08:53.75 ID:yoc83gp70

なんで三国志関連の本が多いのかと思ったらそういうことか

37 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:11:52.69 ID:FSz5XNtc0

>>18
あったよ。
とにかく、孔明、曹操、関羽、劉備はオーラさえ、漂っていた。

39 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:14:05.19 ID:K3rvcgnP0

さいたまで
たとえて

43 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:17:20.55 ID:lopOWGqp0

>>38
だなwスマソw
まあそれはともかく蒼天航路は>>19の言ってる儒教のイメージを一変させた良い作品だよ

48 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:26:32.57 ID:/qryIrao0

漢委奴国王の委奴はイトつまり伊都国なんだよ
今の糸島なんだよ

ちなみに邪馬台国も本居宣長のアホが台と書き換えただけで
実際は邪馬壹国で「やまいちこく」と読む

後世の人間の勝手な解釈で余計こんがらがる

51 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:27:44.77 ID:YLk3I/yk0

>>39
魏=北条
呉=武田
蜀=上杉

コイツらが埼玉周辺で殴り合っている

54 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:28:28.65 ID:Rx9LEZex0

>>31
人形劇三国志乙。
後にシンシンは沖縄に移住した。

58 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:30:57.20 ID:wq45TLlm0

>>55
三国志IXがそうだっけ

62 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:34:31.19 ID:/qryIrao0

>>29
中国人の衛満が朝鮮半島で衛氏朝鮮を建国してた

77 :名無しさん@1周年:2019/07/16(火) 23:49:47.02 ID:cY/VlEim0

>>71
そこは神の如し智謀と呼ばれている郭嘉じゃね?

139 :名無しさん@1周年:2019/07/17(水) 11:39:04.08 ID:PNQjuuqE0

半島南部も倭国だった時代だ。
中国語も朝鮮語も達者だったんだろうよ。

186 :名無しさん@1周年:2019/07/17(水) 13:43:21.61 ID:S0wTTwNp0

>>183
日本書紀では、卑弥呼を神功皇后とみなす記載がある
 解説:本当はよく知らないけど魏志に準じてさりげなく記載しておいた

紀元前660年に日向から移ってきたと書かれており、3世紀にはとっくに政権ができている
 解説:神武東征の痕跡無し。各地の伝承を時間軸上で直列に並べてしまったため紀元前660年となってしまったと思われ。

もっと成立年代が近い隋書には、魏志の邪馬台国は飛鳥時代の大和と同じと書かれている
 解説:隋の時代より以前に纏向遺跡は消滅しており、当時の邪靡堆がどこなのかは不明。
    また、邪靡堆を国とは書かれていない。

物証に矛盾した作り話にすぎない
 解説:まさに畿内説がそれです。単なる妄想だった模様(過去形)

220 :名無しさん@1周年:2019/07/17(水) 16:10:18.33 ID:u4Dxff5D0

>>217
>奈良は「平和の神」である大物主神が祀られていて

それを祀ったのは、倭国(阿波)の「忌部はん」 だよ。 なに言ってんの?   @阿波

376 :名無しさん@1周年:2019/07/18(木) 10:18:14.26 ID:GEatDAXH0

  

近畿パーは、

カタワ。

 

452 :名無しさん@1周年:2019/07/18(木) 23:28:57.60 ID:1EHGhmUS0

中国語が大元で、それが変化して日本語になったというような捉え方では、
中国語と日本語の共通性を認識できない。逆に、日本語自体が用いている
発音とそれが想起させるイメージを頼りに中国語を探ると、すぐに対応
する表現が見つかり、その対応する表現が汎用化されたことを容易に推測
することができる。

535 :名無しさん@1周年:2019/07/19(金) 17:14:58.21 ID:/5DeBfIM0

>>1
どっちも物語レベル

600 :名無しさん@1周年:2019/07/19(金) 20:51:30.58 ID:AvNrP9YR0

>>591
それは現代の話しだろww

760件をまとめました。
最新情報はこちら

スポンサーリンク