新型コロナ 抗体検査から見る感染の広がり “市中感染”の実態とは

新型コロナ 抗体検査から見る感染の広がり “市中感染”の実態とは





過去に新型コロナウイルスに感染したかを調べることができる抗体検査。

日本のある医師による検査で、5.9%が陽性と診断された。

東京、千駄ケ谷にあるクリニック「千駄ケ谷インターナショナルクリニック」。

新型コロナウイルスに感染したことがあるかどうかを調べる抗体検査。
そもそも、抗体とは、侵入したウイルスを攻撃するために体内で作られる物質のこと。

「抗体あり」、つまり陽性ならば、過去に新型コロナウイルスに感染していたことになる。

このクリニックでは、発熱から2週間以上経過した人などに抗体検査を行っていて、現在200人ほどが順番待ちをしているという。

千駄ケ谷インターナショナルクリニック・篠塚規院長「家族にコロナの方がいたけど、どうしても保健所でPCR検査をやってくれなかったとか、きょうの時点で111名の検査をして、9名が陽性でした」

111人のうち、9人が陽性。
およそ8%の人に感染歴があったことになる。

感染しても無症状の人が多いことがわかっている新型コロナウイルス。

ナビタスクリニック・久住英二医師「抗体検査は、感染がどれくらい広がっているかというのを調べる検査」

感染症にくわしい久住英二医師も、自身が理事長を務めるクリニックで、抗体検査を行った。

対象者は、ウェブサイトなどで募った希望者202人。
内訳は、一般市民が147人、医療関係者が55人。

検査の結果、全体の5.9%にあたる12人が、陽性と確認された。

この数字について久住医師は…。

ナビタスクリニック・久住医師「東京都の人口1,300万人いるとすると約6%、78万人くらいがすでに感染していた可能性がある」

ただ、抗体検査の陽性率については、その検査の正確性も含めて議論されている。

厚生労働省の関係者は、今回の検査結果に「発熱をしていた人や濃厚接触者も含まれているようなので、この数字を一般市民の数字として、どう解釈すればいいのか難しい」としている。

感染実態を把握するPCR検査が、諸外国に比べ圧倒的に少ない日本。

ナビタスクリニック・久住医師「抗体検査の結果から言えることは、PCR検査よりはるかに患者さんがいることがわかった。無症状でほかの治療目的で入院する方がウイルスを病院内に持ってくる。ちゃんと医療を届けられるようにするには、PCR検査をしこたまやった方がいいと思う」

久住医師は、無症状感染者からの拡大を防ぐため、PCR検査の拡大が急務と話している。

こうした中、日本赤十字社は、献血者から同意を得たうえで、採取した血液の一部を抗体検査に活用。

東京都内と東北地方で検査を進めている。

これを受け、政府は、5月にも初回の結果を公表するものとみられている。

(2020/05/01)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH


スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク